• ㈱スタンド21ジャパン

    スタンド21ジャパン

Find out why the French manufacturer Stand 21 Racewear is famous for more than 40 years...

ご挨拶

この50年間、どのように製品に対する愛顧を獲得し維持しているのか?とても良い質問ですね。
おそらく、ただ単に私たち自身の道徳観に忠実であり、常に情熱を保ち、完璧と思える道から逸れずにいたからであると思います。なぜならば、私たちはみなさまの直接の窓口であり、時にはデザイナー、メーカー、販売店やテクニカルサービスであり、また、医療やテクノロジーの世界と対話する側に常にいて、わずかな落ち度も許されないからです。ですが、この直接の接点が、私たちのすべき事への情熱を維持するのであり、モータースポーツ生命を維持するかけがえのない瞬間を皆様と共有させていただく事をもできるのです。
ここで申し上げた全てについて、みなさまにお礼を申し上げるとともに、素晴らしいシーズンを迎えていただくことを祈っています!



 

stand 21 とは?

STAND 21 とは?


47年以上にわたりstand 21は、お客様が愛する「ドライビング」に集中できるよう、最高レベルの安全装備を提供してきました。



stand 21の「シンプル」なレーススーツやヘルメットには、レーシングドライバーのニーズに関する調査や医療、スポーツの専門家との議論、研究開発に基づき、提供する素材を選択し、基準を設定し、保管し、オン・デマンドでの製造、オーダーメードデザイン、ハンドメイドで製造することによって 最高品質の商品を提供してきました。 最高のプロレベルレースか、ゆっくり走っているか、それともクラブ内での走行なのかに関係なく、いつでもレースドライバーの期待に添えるように、工場でもレーストラックでも同じカスタマーケアーを長年に渡り尽力してきました。


stand 21はこの哲学を半世紀近くにわたり採用し多くの記録を残してきました。

- F1レースでワールドチャンピオン 10回以上取得
-インディアナポリス500で5回優勝
-ルマン24時間で15回優勝
-インディーカーチャンピオンシップ5回取得
-NHRAドラッグカーレースで2回タイトル取得

その他、様々なラリーや、ツーリングカーレースでワールドチャンピオンのタイトルを取得してきました。
stand21が最も誇りに思うことは、世界中の何千ものレースドライバーが、最も安全なブランドとしてstand21を選んでくれることです。

スタートとしては好調ですが、お客様と共に記される最も重要な部分がまだ残っています!

 



       
stand21を選ぶ理由





47年以上にわたりstand 21は自社工場でお客様のために製品をデザイン、開発、製造してきました... そして、stand 21の商品は、レースドライバーの頭からつま先までオーダーメードで最高品質の安全装備を提供するグローバルリーダーとして、独占販売ネットワークを通じて世界各地で販売しています。
また、
- ドライバーのサポートをするために、世界各地で開催 される300以上のイベントに参加
- 最高の医療専門家と高い技術を持つエンジニアを有  し、科学的に効果が証明された製品を提供
- 最高のカスタマイズサービス(デザイン、刺繍、塗装 など)を提供 - 市場への最適な出荷時期で特別注文に対応
                                                                                                                    世界150人以上のチーム!

当社は他社にはないアプローチにより、お客様を最も大切なポジションに位置付け、お客様のニーズに合わせた製品とサービスを提供しています。





オンサイト工場





優れた織物の生産国インドに、 stand 21インド(資本100%が stand 21本部にあたる)はstand 21本部が研究開発する技術製品(レースエンジニア用スーツ、ゴーカート用レーシングスーツ、ポロシャツ、シャツなど)を生産するため2003年に設立されました。

全てのお客様に100%カスタマイズされたシューズとグローブをご用意するため、最先端の器具を整えた製造ユニットが2006年に新しく設けらました。

現在stand21インドの組織、チーム及び技術システムは 皆様に最高のサービスを提供いたします。











毎年、1,000人以上ものお客様がブルゴーニュ地方にある当社の工場を見学に訪れています!


stand21 ビジネス倫理規定

stand21 ビジネス倫理 (抜粋) 設立当初よりStand 21は「お客様の満足」を最も重要なものと考えています。
そのため当社では、その経験、ノウハウ、専門性に見合うような信頼のおけるビジネスと経営プロセスを提供することをコミットしています。

紹介:
Stand 21にとってお客様は非常に重要な存在です。Stand21の社員はお客様に対する責任を負っています。 Stand 21のお客様は全て同じ高いレベルのカスタマーサービスを受けることができるのはそのためです。そのために、当社のビジネス倫理規定の主要な目的は、お客様からの注文はどんな物でも効果的にかつ効率よく対応するというカスタマーサービスを提供することです。

注文の承認:
お客様のニーズを査定し、詳細について話し合った後、当社では技術・デザインアドバイスを提供し、次のポイントに重きを置いた詳細な見積もりを提供しています。
- 必ず、それぞれの注文に関連する技術・商業データが全て記載され、お客様によって承認・確認されていること
- お客様によって全ての注文が承認された後、当社でダブルチェックをする(デザイン、デザインレイアウト、刺繍など)
- 全ての注文に生産チェックリストが発行され、適用される基準の範囲で細心の注意をはらって厳密かつ正確に処理されます

注意:当社は、当社の求める品質レベルに沿わない注文に関してはお断りをする権利を有しています。 当社による明確な拒否にもかかわらず、お客様が注文の対応を求める場合、注文はお客様の責任のもと取り扱われます。

注文の対応:
Stand 21に委託された注文にはそれぞれ製造指図書が発行され、お客様の窓口となるStand 21のプロジェクトマネージャーに対し渡されます。全てにおいて、プロジェクトマネージャーは次のことを保証します。
- 受注生産プロセス
- 品質管理 - 納期のモニタリング。注文の納品が何らかの理由によって遅れる場合、ただちに通知 - 発送前の最終的な品質管理。発送情報の詳細の通知 提供サービスに関する社内管理手順: - 制作:お客様の選択した製品に適用される基準全てに沿って実施 - 製造:全ての製造工程を管理し実施 - 発送:発送前にお客様のコンタクト先が品質管理を実施。発送日とその方法をお客様に通知。 カスタマーサービス: Stand 21 カスタマーサービス担当者が常にお客様からの質問、リクエスト、ニーズ(他のオートレース規定で使用できる場合、製品認証寿命の有効期間、変更や改善部品(新しい塗装、HANS®テザー、ストラップなど)、またはある程度の使用期間が経過した後の製品の全体チェックに対するリクエストなどに対応しています。




企業ヒストリー



名誉ある歴史に支えられて…

 

 

研究 & 開発

安全基準を超えた商品開発







モータースポーツでは安全性が最も重要な要素です。 快適性はレースの成績と運転時の安全性に影響を与えます。 そのためstand 21は製品開発において新しいアプローチで、最適な人間工学製品を作り出せるような新しい素材や装置を見つけ出し、試験をすすめていく必要があります。 こうして、2004年にヒートストレスリサーチプログラムが開始され、特にレーシング・ゴーズ・セーファー基金(Racing Goes Safer Foundation)を通し、医学界との関係が深まりました。当社は常にお客様の期待の先を進んでいます。


レースドライバーの技術パートナーであるstand 21は、安全性とレースの成績に影響を与える全ての要素を考慮し、トラックで現在のような評価を獲得しました。 当社にとって、安全性、テクノロジー、医療は一つのまとまった要素です。 そのため、当社のR&D部門はモータースポーツの医療専門家(MD. Trammell (U.S.A.)、Prof. Meistelman (フランス), Prof. Trafford (UK), Dr. Mineo Kawasaki (日本))と協働しています。 この労働倫理と最新の製造設備のおかげで、stand 21の製品は今日のモータースポーツ分野の品質基準を満たすことができています(FIA, SNELL、SFI、CIK など)











基金

Dr John Melvin

「何も変化がなかったら、
NASCARで命を落とすドライバーは出続けたでしょう。そして、正直なところ、今、私たちがNASCARを見ていたとは思いません。

私は、ある時点で議会が関与することになったのではないかと思います…というのは、ヒーローが命を落としていくのを、見過ごすことはできないのですから」
ジョン・メルヴィン博士、セイフティエキスパートおよび、デイル・アーンハートの事故死に関するNASCAR相談役

モータースポーツ分野に安全性を提供するstand 21の安全基金「レーシング・ゴーズ・セイファー!(Racing Goes Safer)」は、モータースポーツの安全性を促進することを目的とするNPO組織です。医療・科学組織や主要関連団体(FIA、SFI、NHRA、SCTA、SCCA
SCORE…)と連携し、安全性の問題に対する認識を高め、モータースポーツの世界にソリューションを提案することでこの目標を達成します.

新しい安全基準の時代の
始まり
...

統括組織や大学、医療研究グループなどからデータや専門性を集結させ、当基金は世界各地のモータースポーツコミュニティに安全性に関する教育を行い、また意見交換を行い、安全性に関する情報をシェアします。
世界各地でモータースポーツに参加するレーサーの数は、1970年には数千人でした。今日、このコミュニティは150万人近くにも膨れ上がり、その99%
が「男性のドライバー」です。このような環境において、モータースポーツの安全性に携わる基金は、いまだかつてないほど重要になっています。


詳細についてはウェブサイトをご覧ください(英語): www.racinggoessafer.org