• ヘルメット

    ヘルメットに関する25年のノウハウ...


フルフェースとオープンフェースのすべてのカーボンヘルメットが SNELL SA 2010の公認を取得し、フルフェースヘルメットはFIA8860-2010の公認も取得しています。




また
、様々なレースに対応するため、すべてのヘルメットがHANS®に対応しています。





25年にわたり、 Stand21のヘルメットは、開発当初から、最も厳格な
世界規格であるSNELL規格に従い高度な複合素材を使用してフランスの自社工場で製造しています。 現在、カーボンファイバー技術分野(HANS®の複雑な製造法でも使用)では、Stand21の専門性の右に出るものはありません。
これにより、当社では高性能のFIA公認製品を提供することが可能になっています。
全てのStand21のヘルメットは、衝突から頭部等を保護する装備(ハンス デバイス)を装着することが出来ます。



ヘルメットの技術




カーボン素材の外部シェル
衝撃吸収のための記憶素材インナーライナー
取り外し可能で、洗える耐火インナーパッド: ISO 15025A  
Kevlar® 顎紐
カスタムペイントが利用可能 
布製保護袋付き
SNELL SA または FIA 8860 規格 
HANS® ポストアンカー付



















衝撃後:
Arpro® EPP 素材 従来の EPS 素材
競合他社と異なり、Stand 21は裏地(裏地は頭蓋骨への衝撃を吸収する)に独自のArpro®EPP(ビーズ法発泡ポリプロピレン)を採用しています。この素材は、 PPS(ポリスチレン)に比べて圧縮度が高く、初期衝撃とリバウンド吸収力が高い素材です。そのため、様々な衝撃を吸収するのに優れています。